群馬県で国家資格(免許)が取れるドローンスクール一覧【最新】

公開日:2023/02/01  最終更新日:2023/12/12

ドローンの国家資格を取得して転職に活かしたいと考えている人や、操縦に関する知識や技術を学びたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。今回紹介する3つのスクールは群馬県内にあります。都心からのアクセスも良好なので、広大な敷地で学びたい人は積極的に参加してください。

スクール名玉村ドローン学園Go Japan楽天ドローンアカデミー群馬教習所
管理団体JUIDAJUIDA国土交通省登録管理団体国土交通省登録管理団体
受講人数マンツーマン記載なしマンツーマン◎記載なし
屋内外訓練施設関東最大級の屋外施設2フライトエリア○
△屋内記載なし
コース料金(二等)経験者:83,600円(税込)~
初心者:231,000 円(税込)~
84,700円(税込)~
経験者:132,000円(税込)~
初心者:286,000円(税込)~
経験者:112,200円(税込)~
初心者:363,000円(税込)~
コース料金(一等)経験者:225,500円(税込)~
初心者:要相談
記載なし経験者:297,000円(税込)~
初心者:990,000円(税込)~
記載なし
公式サイト プラン詳細を確認プラン詳細を確認プラン詳細を確認プラン詳細を確認

2022年12月よりドローン免許は国家資格になりました

これまで、ドローンのライセンスは民間資格のみでしたが、2022年12月5日よりドローンの国家資格制度が開始しました。この背景には、ドローン操縦のためのライセンスや機体認証が必要になったことが関係しています。

国土交通省の調べによると、ドローンの飛行許可申請は増える傾向にあります。さまざまなシーンでドローンを活用できる環境を整えるために、ドローン操縦に関するライセンス制度は創設されました。

国家資格を取得することで、これまでには飛行が不可能であった「リスクの高い飛行」が可能となることが特徴です。それに伴い、スタジアムのスポーツ中継や山間部での配送プロジェクトなどが増えています。

このような発展により、ドローンは物資運搬や上空の撮影など、実業務でも使われるようになりました。そのため、有人地帯での目視外飛行に該当するレベル4の操縦ではドローンの資格取得が必須です。

ドローンに関するこのような国家資格化に伴って、ドローン運用に関するルールも重要視されています。具体的に厳しくなったのは、飛行計画の通報・飛行日誌の作成・事故報告の義務・救護義務の4つです。

レベル4の飛行は目視できる範囲でないため、地形や気候に関する情報を事前に共有する運行管理がポイントになります。このことからも、ドローンの国家資格は必要になるでしょう。

ドローンの国家資格は座学・実技試験の2つに分かれています。すでにドローンの民間資格を保有している方は、実地試験が免除されます。

ドローンの国家資格化は始まったばかりのため、試験の予約が殺到するかもしれません。スムーズに国家資格を取得したい方は、あらかじめ民間資格を取っておくのもよいでしょう。

ドローンの国家資格を取得するメリット

ドローンの操縦には、必ずしも国家資格が必要というわけではありませんが、取得することでさまざまなメリットがあります。ドローンの国家資格を取得することで、得られるメリットについて紹介します。

一部飛行申請の手続きが不要になる

ドローンの操縦に関するライセンスには、民間資格と国家資格が存在します。民間資格と国家資格の最大の違いは、飛行ごとに申請が必要かどうかという点です。

ドローンの飛行方法としては、4段階のレベル分けがされています。レベル1は目視内での操縦飛行なのに対し、レベル4は有人地帯での目視外飛行となっています。

ドローンの国家資格には、1等ライセンスと2等ライセンスが用意されており、2等ライセンスではレベル1~3までの飛行が可能です。1等ライセンスでは、最も難易度の高いレベル4での飛行が可能になります。

国家資格を取得している場合、レベル3までの飛行には申請が原則不要です。一方、民間資格では、レベル1~3の飛行に関して、飛行のたびに国土交通省への申請を行う必要があります。

国家資格を取得することで、申請書の作成などの事務手続きに掛かる手間や労力を省略することができます。ただし、レベル4の飛行に関しては、従来通り申請が必要となるため、注意が必要です。

活用できる幅が広がる

国家資格を取得することで、ドローンの活躍できる幅が広がります。レベル1~4の飛行方法の中で、最も難易度の高いレベル4は、国家資格の1等ライセンス取得者のみ認められています。

レベル4とは、有人地帯での目視外飛行を指します。例えば、街中での荷物の配送やイベント会場での警備、建設現場での測量、救援物資の輸送などのさまざまな業務にドローンを活用することができます。

ドローンが活躍できる範囲が格段と広がるため、これまでにない新しいビジネスチャンスの可能性もあります。国家資格を取得することで、ドローンを活かしたビジネスに携われる可能性が広がります。

将来的には、多くのビジネスにドローンが活用されるようになると考えられています。日常的に、頭上をドローンが通過するような未来もそう遠くないでしょう。ドローンをビジネス分野で活用したいと考える方は、国家資格の取得がおすすめです。

ドローンの操縦に信頼が得られる

国家資格を取得することで、クライアントからの信頼を得られる点もメリットの一つです。業務を引き受ける際に、ほかのパイロットよりも優位に立てる可能性があります。

たとえ同じ水準の操作技術であったとしても、国家資格を取得している方が信頼感は高いと言えます。民間資格で賄える範囲の業務であったとしても、国家資格を取得していることで、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

ドローンの国家資格取得におすすめな人

ドローンの国家資格を取得するメリットを踏まえた上で、国家資格の取得をおすすめする方について解説していきます。

特定飛行を行う予定がある人

レベル4の有人地帯での目視外飛行を行う予定がある方は、国家資格の取得が必須条件となります。さらに、レベル4飛行は、国家資格の中でも1等ライセンスでなければ行うことができません。

また、特定飛行を行う予定がある方についても、国家資格の取得をおすすめします。特定飛行とは「人口集中地区での飛行」「無人地帯での目視外飛行」「人や物件との距離30m未満での飛行」などが挙げられます。

特定飛行は、特別な内容ではありません。むしろ、特定飛行に当たらない飛行のほうが稀です。

ドローンを飛行させる際には、ほとんどの場合各種申請が必要となります。国家資格を取得することで、これらの申請が不要もしくは簡略化されるため、飛行の機会が多いという方は、国家資格を取得するのがおすすめです。

ビジネスでドローンを操縦する人

ビジネスでドローンを操縦する方についても、国家資格の取得をおすすめします。国家資格を取得しているということで、クライアントとの信頼関係を築けます。

インフラ点検や測量、空撮などの作業には、必ずしも国家資格が必要ではありません。しかし、ビジネスでドローンを飛行させるのであれば、国家資格を取得しておいた方がよいでしょう。

ドローン飛行に十分な実績を持っていたとしても、国家資格を持っていないパイロットは信頼できないと思われてしまう可能性があります。既に民間資格を持っているという方も、ビジネスで飛行させる場合は、国家資格を取得するのがおすすめです。

ドローンの国家資格に対応しているドローンスクールの選び方

日本国内にドローンスクールは複数校あります。ドローンスクールを選ぶ際に注目したいポイントについて、詳しく解説します。

①管理団体の規模

ドローンスクールは国内にいくつもあるため、選び方がわからないという方は少なくありません。ドローンスクールを選ぶ際には、まず管理団体の規模をチェックしてみましょう。

大規模な管理団体としては「一般社団法人 日本UAS産業振興業議会(JUIDA)」や「一般社団法人 DPCA」「DJI JAPAN株式会社」「一般社団法人 農林水産航空協会」などが有名です。これらの団体は、70~200前後の講習団体を管理しています。

これまでに多くの団体を輩出しているため、信頼できます。

②講師の質

せっかくドローンスクールに通うのであれば、高度な操縦スキルを身につけたいと考えることでしょう。ドローンスクールを選ぶ際には、講師陣の質も確認しておきたいポイントの一つです。

講師によって、得意とする分野はそれぞれ異なります。空撮や測量、農薬散布など、学びたい内容と講師の得意分野を照らし合わせながら、ドローンスクールを選ぶとよいでしょう。

ただし、ドローンの飛行経験が豊富な講師であっても、必ずしも指導スキルが優れているとは限りません。コーチングの方法や内容が気になる方は、ドローンスクールの利用者が投稿した口コミも合わせてチェックしてみましょう。

③実技訓練の内容

ドローンスクールの実技訓練は10時間と定められている場合も、受講人数によっては操縦時間が短いことがあります。とくに大人数での受講の場合、一人当たりの操縦時間が短くなってしまい、スキルの向上が難しいこともあります。

実技訓練に力を入れたいという方は、少人数制もしくはマンツーマン指導のスクールを選びましょう。少人数制であれば、操縦時間を長く取れるだけでなく、講師に気軽に相談できます。

また、スクールの中には、飛行訓練にシミュレーターを利用するようなところもあります。シミュレーターでの練習は、実際の操縦とは感覚が異なります。実践的な操縦スキルを身につけるためには、シミュレーターでの飛行訓練時間が長いドローンスクールよりも、ドローンを使った飛行訓練時間が長いスクールを選択するのがおすすめです。

④屋外訓練施設の有無

ドローンスクールを選ぶ際には、屋外訓練施設の有無についても確認しましょう。ドローンスクールの卒業後、実際にドローンを飛行させるのは、屋外であることがほとんどです。

ドローンを屋外で飛行させる場合、風や天候などの自然環境を意識しなければなりません。スクールに屋外訓練施設があれば、実際の飛行と同じ条件で練習することができます。強い日差しや障害物などに対しても、屋外訓練施設で練習することで、対処方法を学べます。

⑤アフターフォローの充実度

ドローンスクールによって、アフターフォローの内容は異なります。練習場の無料貸し出しや就職のバックアップなど、さまざまな特典を受けられるスクールもあります。

ドローンスクールのアフターフォローの詳細については、公式ホームページから確認しましょう。卒業後も操縦スキルの向上を目指すなら、アフターフォローが充実したドローンスクールを選ぶとよいでしょう。

玉村ドローン学園

玉村ドローン学園の画像

玉村ドローン学園
住所:〒376-0011群馬県桐生市相生町2丁目708-23
TEL:0277-32-4063/090-9812-4880

さまざまなコースが提供されています。1つずつ丁寧に段階的にサポートしてもらえるので、知識と技術を習得したい人は参加しましょう。

国家資格取得講習

玉村ドローン学園では、2022年12月のドローン免許の国家資格制度開始から群馬県の中でもいち早く国家資格に対応をしたスクールです。

オンライン講習説明会を随時開催しており、新しく設けられたコースです。9時30分~17時まで受け付けています。

比較的安いプラン料金とお得な特典

ここでは、玉村ドローン学園の一等・二等無人航空機操縦士講習の基本受講料と特典を紹介します。

・初心者:【一等】要相談 【二等】 23万1,000円(税込)
・経験者:【一等】22万5,500円(税込) 【二等】8万3,600円(税込)

すでに、指定試験機関にて学科試験(一等・二等)を合格されている方は、上記よりさらに安くなります。また、玉村ドローン学園では、多数の特典を用意しています。

・修了審査は2回まで無料(3回目以降、有料)
・修了審査受験までの期間、講習施設にて自由に練習が可能(※補講の場合は有料)
・修了審査合格後(講習修了後)から技能証明証の申請まで丁寧にサポート
・他県からでも安心、無料送迎

受講料を抑えながらも、豊富な特典が付くためおすすめのドローンスクールのひとつです。

受講者の都合を最優先!初心者からでも安心して受講が可能!

玉村ドローン学園では、受講者の都合を最優先し、講習施設や講習日程を確定しています。さらに、複数の受講者を同時に指導するのではなく、マンツーマンで指導しているからこそ、初心者でも安心して挑戦することができます。

講習施設が充実(全天候型講習施設完備)

玉村ドローン学園は群馬県内に、屋外施設5か所、屋内施設1か所と豊富な講習施設にて受講が可能です。県外からのアクセスが良好なのも大きな魅力となっています。

講習修了後のアフターケアー

講習修了で終わりではなく、技能証明取得申請までサポートを行っているのが玉村ドローン学園です。卒業後も講習施設が利用可能なため、技能水準を維持・上達させることが可能です。

Go Japan

Go Japanの画像1
会社名:群馬インターネット株式会社
住所:〒370-0851 群馬県高崎市上中居町684
電話番号:0120-22-9811

Go Japanは、群馬県高崎市にあるJUIDA認定ドローンスクールで、広大な2つの飛行エリアを有してドローン操縦者を養成する練習場を提供しています。全長約130mの平面エリアと約80mの高低差を利用したエリアにて、より実践的な飛行練習が可能です。

施設が充実している

Go Japanはドローン操縦者としての腕を磨くことができるように、ドローン専用の練習施設を提供しているのが特徴。Go Japanの施設は、全長130m最大幅50mの広大なフラットエリアと、ダウンヒルエリアの2つが提供されています。

フラットエリアには施設内に障害物を置くなどして、ち密な操作の練習が可能です。一方、ダウンヒルエリアでは高低差が80mもあることから、3Dモデリングの撮影や航空写真測量の練習に適しています。

また、Go Japanでは操縦経験のある方に向けたドローンのレンタルサービスも行っています。このドローンは実業務でも使われるDJI社製のドローンのため、より本番に近いドローン飛行の練習ができるでしょう。

豊富なコースを用意

Go Japanのコースは、「操縦練習コース・専門技術コース・資格取得コース」から成っています。操縦練習コースでは、初めてフライト体験コース・初めてフライト練習コース・2.5H練習コース・国交省航空局マニュアル10Hの4種類が提供されています。

これらのコースはドローンを使用する目的に合わせて用意されているため、自分のレベルにぴったりのものが選べます。Go Japanでは、ドローンを飛行させる際の基礎知識や法律概要から国土交通省航空局が公開している「無人航空機フライトトレーニングマニュアル」に沿った訓練まで可能です。

操縦練習コースは、ドローン初心者から上級者の方までぴったりのコースとなっています。

専門技術コースでは、撮影コース・3Dスキャンコース・DJI GS PRO講習コースの、3種類が提供されています。このコースはドローンに関する専門的なテクニックの取得が主な目的です。

例えば、「撮影コース」では、立体的な飛行テクニックを中心とした、被写体の追い方などの難易度が高い撮影テクニックを学習します。「3Dスキャンコース」は、水平・垂直・斜め方向における撮影など、3Dスキャンに必要となるドローンの操縦技術、建造物などのスキャン方法をマスターします。

専門技術コースではドローンで有名なDJIの操縦アプリ「GSPRO」や3D解析ツール「PhotoScan」を使って講義を行います。このように、ドローン操縦における高度な技術を学べるのが、専門技術コースの特徴です。

資格取得コースはその名の通り、ドローンに関するライセンスを手に入れるためのコースとなっています。このコースでは、ドローン資格の中でもっとも有名な「JUIDA」提供の取得が可能です。

受講には飛行実績や年齢制限があるものの、合格すればさまざまな特典を得られます。資格取得コースはドローンについて本格的な訓練を受けたい方におすすめです。

楽天ドローンアカデミー

楽天ドローンアカデミーの画像

楽天ドローンアカデミー
みなかみ校:〒379-1416群馬県利根郡みなかみ町入須川325

これまでのビジネスで獲得した豊富なノウハウを講習などで提供できる強みがあります。先進的なノウハウを学びたい人におすすめです。

2021年12月に開校

基礎から学びたい人や、広大な敷地で操縦してみたい人におすすめです。知識や技術を仕事で活かしたい人や趣味や遊びで極めたい人は、都会では味わえないチャレンジングな体験を始めましょう。

今後も拡大する需要

これまでは、特定の分野や職業に就いている人だけが操縦するものと認識している人が多いでしょう。しかし、今後もドローンの需要は拡大するので保有する人や操縦する人は増えてくるでしょう。そのような人たちが知識や技術を学びたいと思ってもそのような場所がないということにならないように、2021年12月に開校しました。

先進的なノウハウが学べる

さまざまなサービスを提供している楽天だからこそ、ビジネスで獲得した豊富なノウハウを提供できる強みがあります。

入門基礎コース

こちらは初心者でも安心して参加できます。2日間の受講期間で13万2,000円(税込)が受講料です。空撮を始めてみたい人や基本的な知識を身に付けたい人におすすめです。

ビジネス応用コース

こちらは大型の産業用ドローンを使用します。ビジネスの現場で使用することが求められている人は参加しましょう。3日間の受講期間で27万5,000円(税込)が受講料です。転職を検討している人や産業用ドローンを操縦できるようになりたい人におすすめです。

群馬教習所

群馬教習所の画像

群馬教習所
住所:〒370-3572群馬県前橋市上青梨子町583

目まぐるしく変化する法律や取り組みなどにも柔軟に対応できます。講習のみならずオンラインセミナーにも力を注いでいます。

アクセス良好

高速インターチェンジから車で5分、最寄駅から徒歩2分の好立地です。車や公共交通機関を利用してすぐにアクセスできるので無理なく通えます。

2022年12月から操縦者技能証明がスタート

ドローンを操縦するために必要な知識と技術を講習というかたちで提供しています。今後も普及が拡大していくことが予想されているので、基礎から丁寧にサポートしています。

コースの内容

講習を受講して修了審査に合格すると、実地試験がすべて免除されます。目視内昼間の飛行、目視外の飛行、夜間の飛行などを段階的に行います。必要な知識と技能を習得できるので、実際に操縦するときに困らないようになっています。

オンラインセミナーを開催している

足を運ぶのが難しい人でも安心して学べる環境を提供しています。講師は専門家なので法律などの知識をアップデートできます。今後の動向なども知れるチャンスなので積極的に参加しましょう。オンラインセミナーは有償と無償に区分されています。

よくある質問


まず、技能証明試験の手数料が発生するようです。学科試験の手数料は、一等学科試験で9,900円、二等学科試験で8,800円だそうです。

実地試験は、機体の種類ごとに手数料が異なり、およそ2万円前後発生するとのことです。身体検査も受けることになっており、書類での受験では5,200円、会場での受験では1万9,900円の手数料がかかるようです。

また、交付手数料が新規申請の場合、3,000円、そのほか一等無人航空機操縦士については登録免許税として別に3,000円が必要だそうです。受験に向けて「登録講習機関」での講習を受ける場合の講習費用は、二等無人航空機操縦士で初心者が約40万円から50万円、経験者でも約15万円から25万円となっているそうです。

つまり、二等無人航空機操縦士の資格取得では、経験の有無によって幅がありますが、約20万円から55万円ほどが必要なようです。


2022年12月5日より、ドローンの国家資格制度が開始されたそうです。それ以前は、ドローンの資格は民間資格のみでしたが、この国家資格導入以降は、ドローン操縦のための操縦ライセンスや機体認証が必要となったようです。

新たな資格や基準が設けられ、「有人地帯(第三者上空)での補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)」が解禁されたとのことです。


ドローン検定の合格率は、約70%から80%と、一般的な資格と比べると高いようです。


今回紹介した、

・玉村ドローン学園
・Go Japan
・楽天ドローンアカデミー
・群馬教習所

などのドローンスクールで取ることができます。


スクールで受講をする場合、講習期間+約1か月程度が目安なようです。学科試験・身体調査を受けて、試験合格証明書が発行されるまで最短で15日、資格取得の証である技能証明書の発行は申請後、10開庁日程度かかるとのことです。

まとめ

これからさらに普及が広まることが予想されます。興味がある人は早めに知識と技術を習得しておきましょう。趣味の世界だけではなく仕事の場面でも活用する機会が増加するでしょう。転職のときに必要なスキルとして求められたときに慌てないようにしたいものです。

なお、法律の改正などで新たにコースが新設されることも予想されます。受講前にスクールに詳細は問い合わせておきましょう。初めての人も参加できるコースがあるので安心してください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

群馬の美しい風景と新たな可能性を探るドローン利用についてお伝えします。様々な分野での活用が進められているドローン。上空からの魅力的な映像で観光をPRしたり、スマートな街づくりにつなげたり、ド
続きを読む
ドローン使用における規制と制限についてお伝えします。幅広い年齢層から人気を集めているドローンは、様々な法律によって細かな飛行ルールがあります。ドローンのルールをしっかり理解して、安全に飛行さ
続きを読む
ドローンの使用に欠かせないのが、バッテリーです。バッテリー容量などはドローンによって異なりますが、できるだけ効率的に飛ばしたいと考えている人が多いのではないでしょうか?今回は効率的なドローン
続きを読む