分野別のドローン活用方法

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/06/15

ドローン

配達や農作業といったさまざまな分野で注目を集め始めているドローン。実際の現場ではどのように活用されているのでしょうか。本記事では分野別のドローンの活用方法を詳しく解説していきます。ドローンを活用するメリットについても解説しているので、ドローンスクールに通ってみようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

活躍の幅が広い?ドローン活用のメリットとは

まず、業務にドローンを活用することのメリットを紹介します。業務でドローンを活用することには、業務の効率化や人件費の削減、危険な作業によるリスクを減らせる、人間では不可能な場所からの撮影が行えるなどのメリットが存在します。

人間が担当していた作業を任せることによるメリットが豊富なため、業種ごとにさまざまな活用が進んでいるのでしょう。

【分野別】ドローン活用方法

次に分野別のドローン活用方法を解説していきます。日本にドローンが輸入され始めた頃は、おもちゃのラジコンのような認識が強かったですが、現在では農業や物流をはじめとしたさまざまな分野でドローンの活用が進んできています。

物流現場での活用方法

日本では物流業界でのドローンの活用はまだまだ進んでいませんが、中国やアメリカといった先進国の物流の現場では、ドローンによる無人配達サービスの導入が進んできています。

現在の日本では、まだまだドローンが導入される兆しがありませんが、インボイス制度の導入などにより物流現場の人手不足はさらに加速していくと考えられているため、ドローンによって無人配送の試みを導入する物流会社が出てくる日もそう遠くはないと考えられます。

農業現場での活用方法

農業の現場では、日本でも農業用ドローンという農作業に特化したドローンが導入されつつあります。農業用ドローンの使われ方は、大規模農園での生育調査や農薬の散布、機材の運搬などです。

ドローン自体の価格が1台あたり約80万円から300万円することや、導入のために資格の取得が必要なこと、資格の取得費用が約10~30万円と高額なことなどの理由があります。そのため、まだまだ一般的には普及していません。

しかし、農家の人手不足も問題視され始めているため、農業の現場で一般的にドローンが活用され始める日もそう遠くはないでしょう。

工事現場での活用方法

工事現場では、施工管理や住宅点検、測量などにドローンが活用されています。ドローンを利用すると、簡単に人間では撮影できない高さからの写真を撮影することができたり、人件費の削減による大幅なコストダウンが見込めるため、近年工事の現場でドローンを活用する会社も増えてきました。

今後技術の進化によりドローンがより低価格で購入できるようになったら、今よりも工事現場でドローンが活用されるようになるでしょう。

広告・メディアの現場での活用方法

広告・メディアの現場では、空撮にドローンを利用したり、ドローン自体で上空に広告を表示させるといった活用がされています。

とくにドローン自体で上空に広告を表示させるといった、プロモーションへのドローンの活用はこれまでになく、日本で初めて行われたドローンショー広告も大きな話題を呼んだため、一般的に目にするようになる日も近いと考えられます。

スポーツ現場での活用方法

スポーツの現場では、選手の動きを上空から撮影するなど、試合内容の分析に活用されています。

これまではスポーツの中継は、人力でカメラマンがカメラを担いで走り回ることで撮影されていましたが、ドローンを導入することにより、よりクオリティの高い映像をノイズの少ない状態で撮影できるようになりました。

エンタメ業界でのドローンの活用方法

エンタメ業界では、ドローンショーという形で活用されています。オリンピックの開会式でもドローンによるパフォーマンスは取り入れられているため、目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

ドローンを活用すると、これまでにはない光の表現や映像表現が行えるようになるため、今後もさまざまなパフォーマンスで一般的に取り入れられるようになることが予想されます。

ドローン市場は今後も拡大する見通し

数年前まではドローンといえばラジコンのような印象が強かったですが、最近ではさまざまな分野においてドローンの活用が始まっています。

まだドローンが取り入れられていない物流などの業種においても、導入に向けての研究・実験が進められているため、ドローン市場は今後もさらに拡大すると考えられています。現在ドローンの資格を取得するためにかかる費用は、約10万円から30万円前後です。

自動車の免許の取得にかかる費用が数十年前に比べて倍以上になっているように、ドローンの免許の取得にかかる費用も今後高騰化することが考えられるため、迷っている方はこの機会にスクールへの入会を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では分野別のドローンの活用方法について解説しました。いかがだったでしょうか。少し前までは名前しか聞く機会がなかったドローンですが、最近ではスポーツの中継などの身近な場面で目にする機会が増えてきました。

すでにさまざまな業種においてドローンの活用は始まっており、まだ取り入れられていない業種でも研究が進んできているため、今後はドローンが一般的に活用される未来が来ると考えられます。

スクールを利用すれば短期間で資格を取得することができるため、ドローンを扱う仕事に就きたいと考えている方は乗り遅れる前に挑戦してみてはいかがでしょうか。本記事がドローンスクールに通うか迷っている方のお役に立てれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

群馬の美しい風景と新たな可能性を探るドローン利用についてお伝えします。様々な分野での活用が進められているドローン。上空からの魅力的な映像で観光をPRしたり、スマートな街づくりにつなげたり、ド
続きを読む
ドローン使用における規制と制限についてお伝えします。幅広い年齢層から人気を集めているドローンは、様々な法律によって細かな飛行ルールがあります。ドローンのルールをしっかり理解して、安全に飛行さ
続きを読む
ドローンの使用に欠かせないのが、バッテリーです。バッテリー容量などはドローンによって異なりますが、できるだけ効率的に飛ばしたいと考えている人が多いのではないでしょうか?今回は効率的なドローン
続きを読む