群馬でのドローン利用!美しい風景と新たな可能性を探る

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/08/16

ドローン

群馬の美しい風景と新たな可能性を探るドローン利用についてお伝えします。様々な分野での活用が進められているドローン。上空からの魅力的な映像で観光をPRしたり、スマートな街づくりにつなげたり、ドローンを活用する自治体が増えています。群馬の美しい自然の魅力を伝えるドローン撮影について、法規制と制限と一緒に詳しく紹介します。

群馬の美しい自然を舞台にしたドローン撮影の魅力

バリエーション豊富な角度から、インパクト抜群の映像を撮影できるのが、ドローン撮影の大きな魅力です。

群馬の美しい自然を舞台に、新たな魅力発見につながる、ダイナミックな映像を撮影できるでしょう。

バリエーション豊富な角度から美しい自然を撮影

バリエーション豊富な角度から、群馬の美しい自然を撮影できます。

飛行しながらスピード感溢れる、ダイナミックな映像を撮影可能。様々な角度から群馬の美しい風景を楽しめるため、新たな魅力の発見にもつながるでしょう。

インパクト抜群の映像を撮影できる

上空からインパクト抜群の映像を撮影できます。

人間では見られない目線から、群馬の自然を堪能できます。鳥目線のスケールが大きい映像が撮影可能です。飛行しながらの撮影で、自然の雄大さが伝わる迫力のある映像が完成します。訴訟効果の高い映像で、群馬の魅力を伝えられるでしょう。

群馬でのドローン利用における法規制と制限

群馬でのドローン利用における法規制と制限について、詳しく解説します。

ドローン飛行の禁止に関する法律

ドローン飛行は、「航空法」と「小型無人機等の飛行の禁止に関する法律」の2つの法律によって規制されています。

小型無人機とは、飛行機や回転翼航空機、滑空機、飛行船、その他の航空の用に供することができる機器で、構造上人が乗れず、遠隔操作または自動操縦によって飛行が可能なものを指します。ドローンは、小型無人機に含まれます。

ドローン飛行の規制

群馬では、相馬原駐屯地や新町駐屯地吉井分屯地などの対象施設周辺地域(対象施設の敷地または区域およびその周辺約300mの地域)の上空における小型無人機等の飛行は、禁止されているので、ドローンを飛行する際には注意が必要です。

規制対象外の例

小型無人機等飛行禁止法の対象外のケースは、以下の通りです。

①対象施設の管理者またはその同意を得た者による飛行

土地所有者等が当該土地の上空において行う飛行

③土地所有者の同意を得た者が、同意を得た土地の上空において行う飛行

国または地方公共団体の業務を実施するために行う飛行

 

しかし対象防衛関係施設およびその指定敷地等の上空においては、ルールが異なります。土地の所有者や占有者が該当の土地上空での飛行、国または地方公共団体の業務を実施するための飛行でも、対象防衛関係施設の管理者の同意が必要なため注意しましょう。

ドローン飛行に必要な手続き

飛行を開始する48時間前までに、所定の通報書に飛行区域を示す地図を添付して、管轄する警察署経由で群馬県公安委員会に提出します。

警察署で、飛行させるドローンもしくは、ドローンの写真を提示する必要があります。ドローンの大きさや飛行の高度に関わらず通報が必要です。オンラインでの事前通報も可能です。

違反した場合の罰則

対象施設および、その指定敷地等の上空で小型無人機等の飛行させる、小型無人機等飛行禁止法第11条第1項の規定による警察官の命令に違反する、など違反した場合は罰則があります。

1年以下の懲役または、50万円以下の罰金を科せられます。

ドローン活用による群馬の地域振興と観光産業への貢献

ドローンを活用することで、スマートな街づくりや観光資源を魅力的にPRできます。

群馬の地域振興と観光産業への貢献につなげられます。

スマートな街づくりへの取り組みを支援

物流の構築や防災、教育、農業、観光など、ドローンを活用することで、スマートな街づくりへの取り組みをサポート

地方自治体が抱える課題を、解決に導いてくれます。

ドローンを活用して観光資源をPR

ドローンを活用して観光資源をより魅力的にPRできます。

地上からの目線とは違う、飛行しながらのスピード感あふれる上空からの撮影で、群馬の美しい自然や観光名所など新たな魅力をアピールできます。

ドローンで撮影されたダイナミックな映像で、実際に群馬を訪れる観光客が増える効果が期待できるため、観光産業への貢献につながります。

まとめ

この記事では、群馬の美しい風景と新たな可能性を探るドローン利用についてお伝えしました。バリエーション豊富な角度から撮影できたり、インパクト抜群の映像だったり、ドローンで上空からのスピード感溢れる映像が撮影できます。群馬の美しい風景を、より魅力的に伝えられるでしょう。群馬でドローン撮影する際には、ドローン利用における法規制と制限をしっかり理解する必要があります。違反した場合には、罰則が科せられるため注意が必要です。ドローンを活用することで、地域振興と環境産業への貢献が期待できます。法規制と制限に注意して、美しい風景が魅力の群馬で、ドローン撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

群馬の美しい風景と新たな可能性を探るドローン利用についてお伝えします。様々な分野での活用が進められているドローン。上空からの魅力的な映像で観光をPRしたり、スマートな街づくりにつなげたり、ド
続きを読む
ドローン使用における規制と制限についてお伝えします。幅広い年齢層から人気を集めているドローンは、様々な法律によって細かな飛行ルールがあります。ドローンのルールをしっかり理解して、安全に飛行さ
続きを読む
ドローンの使用に欠かせないのが、バッテリーです。バッテリー容量などはドローンによって異なりますが、できるだけ効率的に飛ばしたいと考えている人が多いのではないでしょうか?今回は効率的なドローン
続きを読む